女性らしい体型にはホルモンバランスも重要

http://www.foruminnovacio.com/
女性らしい体型とは、どのようなスタイルのことをいうのでしょうか。

体のメリハリがはっきりしていて、腰はくびれ、足は引き締まり、かつ胸やお尻などは女性らしい丸みや膨らみがあるのが女性らしい体型です。

細すぎる体型なら、肉をつければそこそこ女性らしくなるというイメージもあるようですが、単に体重を増やすだけでは女性らしさのある体型にはなりません。

くびれと膨らみがはっきりした体型になるには、ホルモンの働きも大事です。

成長前の女性は、ホルモン分泌量がそれほど多くないため、体の丸みや、膨らみといった女性特有の体型にはなっていません。

ウエストが細くなって、お尻や胸が大きくなるのは、女の子の体が成長期に入ってプロポーションが変化するようになってからです。

メリハリのある女性らしい体型になった時、女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンのバランスが取れています。

女性ホルモンの分泌が十分でなくなると、身体の女性らしさが薄れ、中性的な体型になっていきます。

ホルモンのバランスがかわると、頭髪や、お肌の状態も変わることがあり、外見の雰囲気も大幅に違ってくるものです。

女性は、高齢になるとウエストのくびれが目立たなくなったり、お尻や胸の形が整わなくなったりしますが、これは更年期になってホルモンのバランスが崩れたためです。

まだ若いうちから、見た目が老けてしまっている人もいますが、これはホルモンのバランスが乱れてしまうことが原因です。

体内の女性ホルモンが活発に活動できるように、健康に配慮した生活を送って、女性らしい体型をキープできるようにしましょう。